脊椎・脊髄外来

脊椎・脊髄外来

担当医より

医師から一言

脳神経外科は脳疾患だけではなく、脊椎・脊髄疾患、末梢神経障害を含めた全ての神経疾患を治療の対象としています。この中で私は頸椎症や腰部脊柱管狭窄症に代表される脊椎・脊髄疾患、手根管症候群や肘部管症候群といった末梢神経障害を担当しています。ほとんどの疾患が保存療法で症状の改善が見込めます。手足の痺れ、腰痛等を自覚された場合は是非、ご相談下さい。

主な症状と診療

対象疾患

頸椎症頸椎後縦靭帯骨化症胸椎後縦靭帯骨化症胸椎黄色靭帯骨化症腰椎椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症脊髄腫瘍キアリ奇形脊髄空洞症脊髄動静脈奇形胸郭出口症候群手根管症候群肘部管症候群仙腸関節障害坐骨神経痛足根管症候群

主な診療

手足の痺れ,脱力といった症状は頸椎症だけではなく胸郭出口症候群や手根管症候群といった末梢神経障害が原因の場合もあります.また,腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状である間欠性跛行(数メートル歩くだけで足が痺れて歩けなくなる)は慢性動脈閉塞症が原因の場合があり鑑別診断が必要です.痙性歩行(足がつっぱって歩きにくくなる)や膀胱直腸障害(おしっこや便がでなくなる)は脊髄が障害されることによって認められる重篤な症状です.外科的処置が必要になることが多く早期診断が重要です。

脊椎・脊髄外来を希望される方は、電話でお問い合わせ下さい。