お知らせ

お知らせ

北見市立 美山小学校6年生が「職場体験」に訪れました

11月15日(木)に、美山小学校6年生5名が「職業体験」のため、道東脳神経外科病院に来訪しました。

美山小学校の職業体験のねらいは、地域での職業体験を通じて「働く人々の思いを理解すること」や「働くために必要性を知ること」「理想の自分に近づくために今から出来ることを考える」というものです。

児童は、実際に働いている人の様子を見学し体験することで、気付いたことやわかったことをレポートする作業や従業員が「働くこと」をどのように考えているのかなどを知るために、職場体験実習に挑みました。

体験実習では、医療用ユニホームに着替えて、「手洗い演習」「手術室見学」「点滴見学」「三角巾・包帯法演習」「聴診器演習」「外来見学」を行なった後、課題についてのオリエンテーションをおこないました。

約90分の短い時間ではありましたが、好奇心に満ち溢れた子ども達は、楽しく学んでくれました。

道東脳神経外科病院では、今回の職場体験実習を通じて、たくさんのことを知ってもらい、病院に関心を示してくれたら、とても嬉しく思います。

そして、将来、医師や看護師・リハビリの専門職になって、私たち職員の仲間になって欲しいと願っています。